住みやすい家は窓から

省エネルギー性能を高めるガラス

省エネルギーや健康への関心の高まりを受けて、住宅に高い断熱性能を求めるケースが増えてきました。 そして、住宅の断熱性能を考える時に、もっとも重要になるのが、窓などの開口部です。 窓ガラスの交換には、その他の部分のリフォームなどとくらべて、それほど大きな工事が必要ではありません。これまでの住宅で用いられてきたフロート板ガラスと呼ばれる一般的なガラスを、省エネルギー性能の高いものへと交換するだけで、大きな効果をあげることができます。 省エネルギー性能の高いガラスとしては、2枚の板ガラスの間に乾燥空気を密閉した複層ガラスを用いるのが、現在一般的です。 しかし近年では、その複層ガラスの内側の空気層側に、特殊な金属膜をコーティングした、高性能断熱複層ガラスなどもあらわれ、さらに効果をあげています。

下がりつつあるガラス交換の費用

従来のフロート板ガラスは、5ミリメートル程度の厚さのもので、1平方メートルあたり、5000円から6000円程度の価格が一般的でした。 2枚のガラスの間に空気層を持つ複層ガラスは、同様のサイズで、13000円から25000円程度の価格になります。 また、より断熱効果の高い高性能断熱複層ガラスは、同様のサイズで、25000円から45000円程度というのが、一般的な価格となっています。 このように、省エネルギー性能の高いガラスは、まだまだ従来のガラスに比較するとかなり高価なものです。ただ、このガラス交換によって削減される冷暖房などの光熱費を考えると、検討してみる価値は十分にあります。 また新築住宅では、すでに複層ガラスが当たり前になっているため、価格もかなり下がってきています。 今後は、こうした省エネルギー性能の高いものへのガラス交換が、当たり前のものになっていくものと予想されます。